人気ブログランキング |

カテゴリ:旅( 31 )



名古屋城本丸御殿を見に行きました。
真っ青な空の下、金のしゃちほこが輝き、菊花展も楽しめましたわ~。


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_12544009.jpg


本丸御殿は尾張徳川家の居城。空襲で焼失しました。145.png

2009年本丸御殿復元工事開始。
他に類を見ない正確さで忠実に復元され、
2018年、将軍家光宿泊のための最も格式の高い上洛殿・湯殿書院が完成。
6月8日から完成公開されているんだそうです。150.png



in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13021744.jpg


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13024784.jpg


この絵はジャコウネコですって!
元の”麝香猫図””槇楓椿図”の襖も展示されてました。
今月18日まで特別公開中です!ラッキーでした。


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13034369.jpg


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13332599.jpg


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13032355.jpg

絢爛豪華ですよ~~~!!157.png 一部屋一部屋趣が異なります。
ず~~っと見ていたい!

in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13092864.jpg


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13090088.jpg


in名古屋(名古屋城本丸御殿)_e0350905_13084415.jpg


天井の格子・金具・欄間の細工の見事さにもため息ですぅ~!113.png
伝統工芸の粋ですね。
よかったです~~!!


イヤホンガイドは2時間かかるときいてあきらめました。
ボランティアガイドさんをお願いすれば良かった・・119.png
外国人観光客には英語で案内してました。さすがね~~~。
職員さん、ボランティアさんの数も多く、対応は行き届いています。
身体の不自由な同行者も車椅子でまわれました。

(名古屋は歩きタバコ禁止で罰金2000円だそうです。
もう一人の同行者は苦しそうでした。ククク!114.png







タグ:
by apn639stkm | 2019-11-09 14:16 |


仁淀川ブルーを見たいのよ!!

息子たちが高知の中津渓谷へ連れて行ってくれました。
県立自然公園で人気の景勝地だそうです。

寒風山トンネルを越えR194を南下、”633美の里”(むささびのさと)を過ぎて
R439からR33へ。思ったより広く走りやすい道でした。



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19315649.jpg



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19321759.jpg


うわ~~~きれいです~!!!!113.png
すいこまれそうな透明なブルーです!
ゴーゴーと音をたてる川に沿って遊歩道を歩きます。約1時間のコース。



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19365743.jpg



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19352244.jpg



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19594487.jpg


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_21311072.jpg


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19541681.jpg


こんな大きな岩が挟まった下を通って


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19424464.jpg


レンガ造りの橋を渡ると、
突然”雨竜の滝”が姿を現し、びっくりしました。149.png


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19444126.jpg


水煙が立ちこめ、水墨画の世界みたい!
落差20m。水量も多く立派な滝でした。
太陽がちょうど真上にくると、水煙に虹がかかるそうです。


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_19525916.jpg


紅葉の頃は木の葉の色合いがいっそう美しいでしょうね。



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_20022480.jpg



in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_20025486.jpg


公園の入り口にあけびが1個。
この横の樹に赤や黄色の鳥が沢山来ていたのに撮せませんでした。134.png
向日葵の種で餌付けされているようでした。
坂道・石段・岩盤の上を歩いて、足ががくがくです。




さて、その後高知市に出て、
夫サン念願の皿鉢料理をいただきました。(司本店)
お腹ぺこぺこですよ。


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_20110811.jpg


きた~~~!!!
”ケンミンショウ”で紹介されたので、記念企画中です。
かつおのタタキ・刺身(鯛・鰹)・さわら西京焼き・伊勢エビ・
うつぼの唐揚げ・貝2種(チャンバラ貝)

ん!もう!!魚の味が違うんだわ!!おいしい~~~111.png


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_20161434.jpg


鰹のタタキを芯にした土佐巻き・さばの姿寿司・さば棒寿司。
なんともいいお味。


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_21033168.jpg

半分食べましたが、左は土佐天。
私は右の卵を巻いたかまぼこが好きでした。


in高知(中津渓谷・皿鉢料理)_e0350905_20204921.jpg


どろめ(いわしの稚魚の生)も出て、夫サン大喜びでした。
最後にみんなで伊勢エビを”お久しぶりね~”と言いながらつついて、
完食でした。126.png

午後は日射しが強くなりました。
本日の予想最高気温30° やっぱり高知は暑い!
連れてきてもらってよかったわ!
ありがとう110.png



by apn639stkm | 2019-10-06 21:24 |


岡山から米子方面へJR特急で約1時間。
高梁川に沿った山あいに新見市があります。
愛媛からだと遠い~~~~!!!143.png

こんなへんぴな所で(いちおう市ですけど)
”生誕100年 堀文子追悼展 旅人の記憶”があるのよ~~ 145.png

 うっとうしい梅雨空を眺めながらさんざん悩んで、
でも、この機会を逃すと、今年は堀文子さんの展覧会は企画されてない。

出かけました! 136.png


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10001838.jpg


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10030980.jpg


新見美術館は駅の裏手の高台にあります。
眼下に街並みが見える 落ち着いたいい感じの美術館でした。


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10034519.jpg


良かったわよ~~~~~!!! 113.png


ヒマラヤの”ブルーポピー”も展示されとった!!
”冬野の詩””蝶と草花””狼魚の孤独””くるみわりにんぎょう”など、
120点余りも展示されていて、感動の余韻で立ち去りがたい。164.png



新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10122780.jpg


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10131409.jpg


本と絵はがきを買いました。
堀文子さんの絵からはとっても優しさが伝わってきます。
”群れない 慣れない 頼らない”
絵にも生き方にもとても惹かれます。
遠かったけど、行って良かったわ。110.png 172.png




せっかく新見市に来たのですから、
御殿町という古い街並みをちょこっと歩いてみました。

実は、電車までに時間がないことを知って、
職員さんがとてもとてもご親切に車で入口まで連れて行ってくださいました。
本当に恐縮です!ありがとうございました。

新見は江戸時代にできた町。
鎌倉~戦国時代まで東寺(京都)の荘園として、鉄・漆・蝋・和紙を産し、
今も中世の歴史が残っているようです。


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10354855.jpg

新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10435850.jpg

郵便局も図書館も公衆トイレも、なまこ壁だった。


高梁川に沿って駅に帰りました。



新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10523922.jpg


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_10483693.jpg

この辺りは、甌穴(おうけつ)といって、
砂岩泥岩の河床を砂礫が長年削ってできた窪地で、
3㎞くらいにわたり分布していると説明板がありました。
高梁川は白波がたって流れが速いようでした。

家の後ろは山です。川沿いの帯のように長い古い町は、
実はA級グルメの町だそうです。
今回はいただかなかったけどね・・・



<この日の食事>


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_11081774.jpg

昼はホテルグランヴィア岡山 ”フランス料理 プリドール”で。


夕食は、吾妻寿司の岡山ばら寿司と決めていました。
今、岡山駅構内の一部を改装工事中なので、
お持ち帰りのみです。車中いただきました。


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_11125521.jpg


新見美術館(掘文子追悼展)_e0350905_11131387.jpg

15品目の具材。
贅沢~~~!お値段もそれなりにフフ 113.png
ままかり・さわら・蛸が岡山っぽいと思います。
江戸時代、初代藩主が一汁一菜の倹約を奨励したのに庶民が反発して、
混ぜてしまえば一菜だというのが始まりとか。



機会があれば、
また新見美術館へ行ってみよう。

旅の途中あちこちでお世話になった方々に感謝!








タグ:
by apn639stkm | 2019-07-21 11:53 |


東平の続きです。
奥の駐車場からの山道は、平坦な一本道。
楽々歩けます!
急に視界が開けて広い松林に出ました。

東平採鉱本部跡だそうです。鳥の声がするだけ・・
宇宙の穴にいるような不思議な感じです。
松林の向こう、小高い所に見えるレンガの建物が第三変電所


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19460631.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19474553.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19480624.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19483311.jpg



東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19494823.jpg

いいですね~~!!
レンガの上に塗られた白壁が剥がれてとってもいい感じ。
初めて来たのに、懐かしい気がするのはなぜかしら?
出入り口の壁はこのままで”絵”だわ。113.png



東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_19562095.jpg

橋の向こうに第三通洞(多目的坑道)
がっしりした高い石垣が要塞のようです!



東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20070063.jpg


中にわずかにレールの痕跡が見えます。
ここから搬出された鉱石は、電気鉄道大マンプ小マンプを通って
終点の選鉱場へ運ばれたらしい。



歴史資料館の裏の小マンプで、電気鉄道が展示されていました。


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20045511.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20035671.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20043095.jpg

人を運んだ かご電車
当時、坑道の中はこんな感じだったんですね。
鉱石も坑木もこんな小さなバケットで運んだ。
昔の人はえらいなぁ・・もくもくと働いたんだ・・・



東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20104107.jpg

滝沿いの道



東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20154422.jpg

火薬庫


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20161261.jpg

大マンプ

小さな光は向こうの出口。

こんなところにマンホールみたいなものがありますよ。
”仕切弁・新居浜市”と書いてあります。


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20264708.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_22230061.jpg




東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20251170.jpg




東洋のマチュピチュ 東平 (2)_e0350905_20254019.jpg


これ以上は遠いのであきらめます。
方向オンチで山道に慣れない私は迷子になりそう・・
花を見ながら駐車場へ帰りました。

無人となった広大な土地を自然に返すために、
年月をかけて大量の木を植え、山に森を甦らせた、
その営みにも感動しました。


山歩きはとっても気持ちが良かったですよ!!174.png

一度は訪れて自分の目で見たかった東平。
念願かないました!
夫サン、連れて行ってくれて ありがとう!!!110.png



by apn639stkm | 2019-05-18 17:27 |


東洋のマチュピチュといわれる東平(とうなる)へ行きます。(新居浜市)
トンネルを抜けて、案内板を左折。


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19400439.jpg


くねくね折れ曲がった山道を5㎞ほどひた走る。
出発前にエンジンがとらぶったので、夫サンの車です。
道幅はまあまあだけど、遠いわぁ~~~!
標高750mまで上がる。


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19460333.jpg



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19463054.jpg


着きました!
東平歴史資料館。あら~綺麗な建物。
風がひんやりして寒いくらい。

東平は、大正~昭和初期まで、別子銅山の採鉱本部が置かれた所。
最盛期には5000人余りの鉱山関係者と家族が住んでいたそうです。
昭和43年の閉坑で無人となった地は、植林活動によって森となり、
当時の面影は産業遺産となりました。

ここで地図をもらえると思っていたら、
誰もいないし、置いてなかった!あひゃ~~141.png
ほとんどの方は、案内人付のマイクロバスで来るので、
必要ないですね。

マチュピチュはどこだ???とキョロキョロ。
駐車場から見下ろした真下にありました!165.png


貯鉱庫と索道基地跡


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19502596.jpg


ここへ行くために、220段の石段を下ります。
インクライン跡が
(生活用品や坑木などの物資を運ぶケーブルカーのようなもの)
今は220段の石段になっているのです。
石段の両側は紫陽花です。



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19524409.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19520056.jpg


これです~~~!!!113.png 高い!
ここに運ばれてきた銅鉱石を一時的に保管した所。



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19574693.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19581186.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_19590565.jpg



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20001711.jpg

東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20060136.jpg


貯鉱庫跡は花崗岩の石積みです。
う~~む・・なんだか違う時代に来たような・・
重厚感と古びた感じがなんともいいです。


さらに斜面の下に見える区画は、かつての住宅跡らしい。
こういうのが何棟もあって、
山の中に町を形成してたのですか・・



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20391906.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20331423.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20351496.jpg


しゃくなげ・つつじが咲いている花木園。
元の石段に戻ります。どちらを見ても新緑が美しいわ~。



東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20451446.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20423867.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20461427.jpg


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20464374.jpg


マーガレットの奥にマイン工房がありました。
銅板レリーフの体験ができるようです。


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20491504.jpg

東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_20494690.jpg

建物の裏手のドウダンツツジ


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_21042539.jpg


山の花ってさっぱり名前がわかりません。
第三変電所に向かうために、さらに奥の駐車場に移動。


東洋のマチュピチュ 東平 (1)_e0350905_21072774.jpg


登山する方はここに駐車して登る。
第三変電所はここから歩いて15分くらいらしい。

今日は、沢山歩いてさすがに疲れました。
長くなるので、後はつづく・・


by apn639stkm | 2019-05-16 21:56 |


天気快晴

真っ青な高知の海が見たい!
本場の鰹のタタキも食べたい!!
ついでだ。お寺参りもしよう・・(なんと不心得な!)





35番 清瀧寺

土佐市の北部。山の中腹にあります。
弘法大師が17日の修法を終え、金剛杖で岩を突くと
岩上から清水が湧き出、池となったという。

土佐和紙の原料”みつまた”をさらし、和紙をすく水の源泉として
信仰のあついお寺だそうです。


in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21281465.jpg


境内から、眼下に水を満々とたたえた田畑が見えます。



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21355550.jpg

お寺の石垣って好きだわ。



宇佐大橋を渡り、”竜の浜パーキング”で海を見よう!
砂浜に降ります。




in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21541891.jpg

パウダーのように細かい砂です。
釣り人数人。キス・コチが釣れてるって。
砂浜に植物発見!


in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21553817.jpg

浜昼顔が咲いて、



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21561553.jpg

コウボウシバ(だと思う・・)



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21570149.jpg

コマツヨイグサ



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_21574560.jpg

ハマボウフウ
ブロッコリーみたいに白い花を咲かせていました!




in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22004071.jpg

第一 三毛猫発見~~!
このあと、行くとこ行くとこ三毛猫に出会ったのです。

浦ノ内湾は陸地が複雑に入り込んで、まるで湖のようでした。




”黒潮本陣レストラン櫂”(中土佐町)で
鰹のタタキをいただきます。


in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22071124.jpg


in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22072846.jpg

おおっ、建物は重厚な感じです。期待が高まります。



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22080419.jpg


全面ガラス張りのお部屋から太平洋が見えますよ!




in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22105469.jpg


夫サンの注文した ”天ぷらかつお塩タタキ定食”




in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22122338.jpg


私は”藁焼きかつお塩タタキ定食”
ねぎ、みょうが、にんにく、わかめが添えられています。

おおおお おいしい!!!!

この分厚さ!藁の香り!絶妙の焼き加減!塩の甘さ!
美味しさが写真に伝わってないのが悲しい~~~113.png111.png



in 高知(寺・海辺の植物・鰹)_e0350905_22185532.jpg


多分、他のお店よりお高いめでしょうが、十分満足なお味でした。110.png

今回はカーナビ頼りで、お遍路マップを見なかったら、
カーナビが高速の無料区間を案内しなかったり、
道路案内と異なる方向に案内されたり・・
あちこちで道に迷いました。103.png

須崎市の 36番青竜寺、四万十町 37番岩本寺
道の駅”かわうその里すさき” ”あぐり窪川”などにも寄って
高知は道の駅が多いのう~~ と感心?して帰りました。

来年は(2020年)
弘法大師が醍醐天皇から号を賜って1100年になるそうです。
この5月から、記念の御詠歌札がいただけます。












by apn639stkm | 2019-05-11 22:58 |


麺好きの夫サンへのお土産にと 京都で買った
 ”麺屋 たけ井” のつけ麺。


”たけ井”のつけ麺・青い電車_e0350905_11571325.jpg


ラーメンなのに、うどん並みの極太麺!149.png
讃岐うどんみたいに もちもちとこしがあります。


うどんかい? 
いや、香りはラーメンだ!!


”たけ井”のつけ麺・青い電車_e0350905_11584869.jpg


味玉・茹でたほうれん草・焼豚・刻み海苔をトッピング。

つけだれ(右上)は、濃厚豚骨魚介。
すご~く濃厚!! 
なのに、ゆず果汁が入っていて、
さわやかな柚の香りがしっかりします。111.png


なんとも珍しい”つけ麺”でした。
とっても人気店だそうです。



109.png


珍しいといえば、
児島駅で可愛いブルーのラッピング電車を見ました。
 (アンパンマン電車ならよく知ってますけどぉ~102.png


”たけ井”のつけ麺・青い電車_e0350905_11440047.jpg

<SETOUCH TRAIN>


115系。
新しい色をつくるパレットと瀬戸内の島々が
デザインされてます。

JR西日本”せとうちパレットプロジェクト”の一環で、
2019年3月から運行。
鉄道事業と創造事業が連携して、瀬戸内エリアの魅力を伝え、
さらなる価値向上をめざすプロジェクトだって。



知らんかったわ!150.png


この電車は、岡山~児島を2022年3月まで運行予定だそうです。






by apn639stkm | 2019-03-29 20:20 |


JR京都駅からタクシーで八坂神社へ。
到着したのが11時頃。ここから祇園をぶらつくつもり。



in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_08584012.jpg


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09022393.jpg


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09020697.jpg



平日なのに車も人も多い 149.png
休日や桜の見頃の混雑はえらいことでしょよ!!
着物姿の若い方がぞろぞろ歩いてます。
レンタルで一式三千円くらいで着付けてもらえるんですって!



四条通りから南の花見小路を歩きます。


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09132698.jpg

あ”~~ 石畳に古い建物の残る風情ある通りですけど・・
ここも人であふれています~~119.png
都おどりが近いので、ぼんぼりが華やかです。


では、四条通りから切り通しを巽橋に向かいます。


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09233408.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09242601.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09244722.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09283750.jpg

犬矢来に紅殻の格子、車の喧噪からも離れて
この通りの方が好きですね。


巽橋に着きましたら、
白川沿いにしだれ桜が咲いていて感激です~!113.png
染井吉野の後に咲く晩生のしだれ桜は、もっと濃いピンクだそうです。




in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09264195.jpg


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09262316.jpg


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09325835.jpg


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_09253987.jpg


白川南通りを西に歩いて大和橋を渡り、
南座へ出ます。


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10030648.jpg

南座は、3年近くかかって耐震改修を終え、
2018年11月 開場しました。
建物は国の登録有形文化財です。

その開場記念 「坂東玉三郎特別公演」 を見るのが、
今日の目的なんです!110.png
ああ、楽しみ~~~~~!!!

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10103515.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10114093.jpg

今日が千秋楽です。
今日しかチケットが取れなかった!


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10124353.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10130403.jpg

in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_10133187.jpg

中は赤を基調として、華やかです。
緞帳は、「赤地草花連紋」
奈良時代中国から伝わった文様をデザインしたものです。
座席は、もちろんほぼ満席になりました。


<演目>
  ☆壇ノ浦兜軍記 阿古屋
      ・なんたって玉三郎さん演じる阿古屋の衣装の豪華絢爛なこと!113.png
・琴・三味線・胡弓の演奏(玉三郎さんがですよ)の素晴らしいこと!
   ・岩永左衛門(敵役)の、黒子に操られているかのような”人形振り”の
演じかたがユーモラス。

  ☆太刀盗人
   ・狂言の演目を歌舞伎に移した作品。舞台正面には大きな松の絵の羽目板。
    台詞も狂言の言いまわしなので、わかりやすく面白い。

  ☆傾城雪吉原
      ・創作舞踊です。
      ・雪が降りしきる中での玉三郎さんの気品に満ちた舞を存分に楽しめました163.png
       古今和歌集の歌や長唄「高尾懺悔」の節にのっての舞。四季の移ろいもまた
       味わい深い。





素敵だったわよ~~~!!!


179.png


<京都でいただいたもの>

お昼は ”ぎおん 萬屋”のねぎうどん。
ミシュランにも選ばれた萬屋さん。
九条ネギ(7本分)と摺りおろしたショウガがのってるだけですけど、
ネギがしゃきしゃきして、食べ応えがあります。
うどんはやや細めで、食べやすい柔らかさ。


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_11194054.jpg

七味が独特です。赤くなく、緑がかった黒。
ここでブレンドしてるみたい。あまり辛くなく香りがとってもいい。
向かいの方は、相席だったので知らない人。


夕食は、南座で買った”なだ万”のお弁当。


in京都・坂東玉三郎特別公演_e0350905_11293723.jpg

京都らしいほんのりした優しいお味でした。
うん、角が立ってないの。
美味しかったです。



日帰りだったけど、楽しい旅でした!
自分で計画してチケット手配して、
ま~~だ、一人旅が出来る!!110.png







タグ:
by apn639stkm | 2019-03-27 12:01 |

in香川


久しぶりに香川へ出かけました。(81番~88番)
夏中、腐りかけの魚みたいに元気がなかったんだけど、
やっと出かける気になった!105.png

5時出発です!寝太郎の私は昼まで頭がぼんやりでした。152.png


in香川_e0350905_21080703.jpg

81番 白峯寺
木々はまだ夏の名残をとどめていて、紅葉にはほど遠い。


in香川_e0350905_21084486.jpg

でも、萩がたわわに咲いてたのよ~!110.png
我が家の近辺では、見上げるような大きな萩を見たことがないので、
とっても嬉しい!!126.png

82番 根香寺の境内

in香川_e0350905_21112400.jpg

in香川_e0350905_21120092.jpg

in香川_e0350905_21123371.jpg


86番志度寺 ホホホ!(^O^) ここにも萩が咲いてます~

in香川_e0350905_21175897.jpg

in香川_e0350905_21192990.jpg

あぶ?ですか、しきりに蜜を吸ってました。
おいしそう。

in香川_e0350905_21201793.jpg

88番 大窪寺
ススキに萩なんて、秋そのものですね。
今日は、萩の写真撮りまくり!!!113.png



88番の近くの道沿いにはコスモスが咲いてました~~!

in香川_e0350905_21284284.jpg

in香川_e0350905_21291324.jpg

上手に撮れません。トホホなできです・・148.png




さ~て、”香川はうどんだ”と、夫サンは言いますので、
四国村の入り口、屋島ドライブウエイの入り口の
”わら家”でうどんをいただきました。
わら屋根の建物です。
天井はこんな感じ。良い雰囲気でした。
お客さんもいっぱいです!


in香川_e0350905_22052758.jpg

in香川_e0350905_22084202.jpg

肉うどんぶっかけ
大根おろし・ショウガ・ネギ・牛肉が入っていて、
出汁をぶっかけていただきます。111.png


in香川_e0350905_22454178.jpg

次は紅葉の季節に出かけたいねって、
腰の重い夫サンもご機嫌で、無事帰宅しました!102.png
12時間の運転、お疲れさま!!165.png









タグ:
by apn639stkm | 2018-09-23 22:36 |

徳島 四国88カ所参り

徳島へ行ってました。(1番札所・霊山寺~8番札所・熊谷寺)
晴れてはいるのだけど、風が冷たくて、寒かったよ~~145.png
徳島 四国88カ所参り_e0350905_21051573.jpg
文句あっか!!

地蔵寺(5番札所)の たらちね大銀杏がデ~ンと青空に枝を広げてました。
樹齢800年! 葉はなくても、すごい存在感。

この寺の梅の花が見事なはずだったのですが・・
徳島 四国88カ所参り_e0350905_21092119.jpg
チ~~ン・・・

は~~・・残念でした。
ほとんど堅い蕾。
今年は寒いからしかたないっす・・142.png



安楽寺(6番札所)は山号が温泉山というだけあって、寺に温泉があるそうで、
この宿坊はとても評判がいい。
ツアー参加だと、耳寄りな情報をいろいろ得られます。157.png

山門の脇の仁王像が気に入りました。
徳島 四国88カ所参り_e0350905_22035070.jpg
おお、今にも動き出しそうでいいじゃないですか!
帰宅して調べてみたら、現代の仏師 松本明慶師(京都)の作だって。
あら、もしかしてアタシ見る目がアルノカモ・・??アハハ・・102.png



熊谷寺(8番札所)の太師堂に上がる石段の脇の小さなお地蔵さん。
徳島 四国88カ所参り_e0350905_21284117.jpg
優しいお顔。赤い頭巾が似合ってます。


今日は、この寺の千手観世音菩薩のご開帳の日で、
黄金の千手観音さんを見ることが出来ました。

ラッキーだったよね。110.png










タグ:
by apn639stkm | 2018-02-18 22:06 |

パソコン画大好き なんでもない日々を楽しんで 


by apn639stkm