<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神戸 <大英博物館展>

久しぶりの神戸・・ルンルン 045.gif
今回はお手軽にバスツアーで、大英博物館展を見に行きます。

e0350905_09152623.jpg
、5時起床・・眠い・・
前日作った 紫蘇の実の佃煮(ちりめんじゃこ入り)を
ご飯の上にたっぷりのせて朝食。紫蘇の香りとプチプチ感がいい。

徳島から淡路島経由で神戸入り。
徳島は蓮根畑がいっぱい広がっていました。

昼食は、ANAクラウンプラザホテル神戸でランチバイキング。
何をチョイスするか、迷うわ~。
e0350905_09161723.jpg

左上がローストビーフ。
これは頂かないとね!
野菜はこのままバリバリ食べました。

e0350905_09165713.jpg
カラフルなのは魚料理二種。どちらも酸味がきいています。
e0350905_09172950.jpg
特製カレー。あまり辛くない。
お肉の塊が、口の中でホロリとくずれます。

e0350905_09181462.jpg
手作りのモンブラン。
生地が口の中でとける~。

e0350905_09184323.jpg
もう満腹。

e0350905_09301837.gif

お腹が満ち足りた所で、神戸市立博物館へ

e0350905_09191776.jpg
e0350905_09193653.jpg


2時間もある・・と思って、丁寧に説明を読み、音声ガイドを聴き、
作品を鑑賞していたら、最後の方は、アララ・・
時間が足りなくて駆け足になりました。
作品数が多く(100点)、いずれもすばらしく美しく、
見応えがありました。

e0350905_09204263.jpg


博物館の裏手(出口側)にある旧居留地十五番館も
好きなレストラン・カフェです。
おしゃれな街を歩いていると、自然に背筋が伸び、顔も輝きますね。

e0350905_09360164.gif



[PR]
by apn639stkm | 2015-09-27 09:46 |

コンサート <高橋真梨子>


シルバーウィーク初日、高橋真梨子さんのコンサートに
行きました。
最近、真梨子さんは昭和の名曲をクラシックと称してカバー
しています。

e0350905_09270335.jpg


御主人のヘンリーさんがダンディで、さらに さらに素敵。 
ご夫婦とっても仲が良い 016.gif

ヘンリーさんは、ギター、フルート、サックス・・etc.・・
何でも出来る多才な人。
コンサートでは、ヘンリーバンドの面々と共に
軽やかにステップを踏んで、ステージを盛り上げていました。
71歳とは思えない若々しさ!038.gif

一番驚いたのが、最近の舞台装置のすごさ。
何十個ものライトが上から床から壁面から、
シャワーとなり、カーテンとなり、光の柱となり、
点となって、回転したり駆け上がったり・・・

いつもボーっとしている私にはこんな刺激も必要かも 005.gif

e0350905_10182096.png

夜の道後は「何事なん!?」と思うほど
観光客でにぎわっています。


からくり時計の周りカメラとスマホだらけ。









ふ~ん 
e0350905_13213258.pngこれが蜷川実花さんのデザインの浴衣ね・・


















人通りのない
薄暗い坂の石畳に猫がうずくまっています。
野良猫だというのに、近寄っても逃げず、
一瞬ミュージカル「キャッツ」の老いた猫とだぶりました。
美貌にあふれ幸せだった過去を切々と歌った
「メモリー」のメロディーが流れたのは・・幻・・

眉間のしわも、心のひだも、のびやかに緩んだ幸せな1日でした。

e0350905_13054607.gif





[PR]
by apn639stkm | 2015-09-21 11:32

パソコン画 彼岸花を描く

白露を過ぎると、庭の片隅に植えた赤と白(少しクリーム色がかっている)の彼岸花の芽が急に目に入ります。朝に夕にグングン伸び、つくづくと眺めれば、蕾の形も成長とともに変わっていくのです。
赤と白では、花びらの太さや花の数も違いがあるのですね。
描こうと思わなければ、見逃しています。
それにしても、クルクルまわる花びらは難し~い。

e0350905_14335614.png

 彼岸花 
花言葉は ” 想うのはあなただけ ” 

昔、「赤い花なら 曼珠沙華・・・」という流行歌があったような・・
歳がわかりますねぇ・・( ^^) _U~~
畦道に沿って咲く赤い花の群れは、天に続く川のように感じます。

つい先日、友が霊界に旅立ちました。突然の訃報でした。
野辺の花を愛した彼女を偲んでの作品になりました。
冥福をお祈りします。


[PR]
by apn639stkm | 2015-09-17 19:39 | pc画

重陽の日の会食

この季節、例年なら、河原で芋炊きの鍋を囲み鮎の塩焼きやおにぎりをほおばっているのに・・・☂・・・しばらく月も見ていない・・
今日は重陽の日。市内の料理屋で恒例の会食です。
期待して夫婦で出かけます。

まずは、健康と長寿を願って乾杯 🍻 
お通しは、「卵豆腐とジュンサイ」冷たくてのど越しがいい。

e0350905_20314454.jpg

可愛いお重に、カラスミ、鮎、オクラと長芋のすり流し、
笹の葉でくるまれたサーモン寿司など・・ムムッ・・さすが・・
どれも手間がかかっています。

e0350905_20365895.jpg

焼いたスズキなんだけど、添えられた木の芽のソースが、メチャおいしい!
刺身、茶そば、天ぷら、と続いて、しめは、「穴子と新生姜の炊き込みご飯」
炊き立てが土鍋のまま出ます。

e0350905_20423998.jpg

う~ん!幸せ この味好きだなあ・・
お代わりしてしまった!043.gif

20数年続いているグループです。
若く見えても、ほとんどが70代後半になってきました。
老いはひたひたと迫っています。
だからこそ、今、生かされている命に感謝し、
意味ある日々であるようにと、皆頑張っています。

次回も元気で集まろうね!











[PR]
by apn639stkm | 2015-09-09 21:25 | 外食

ターシャ・テューダーさん

今年の夏知ったすご~い人を紹介します。

*ターシャ・テューダー*

アメリカの絵本作家・挿絵作家。園芸家・人形作家でもあります。
40代で離婚。子どもを育て上げると、50代半ば、
バーモント州の山中に1740年代風の質素な家を建て、
自給自足の手作りの暮らしを始めます。

e0350905_14065063.jpg

92歳で亡くなりました。今年、生誕100年です。

e0350905_14103774.jpg

1年の半分は雪。

e0350905_14094326.jpg

自分の好きなもの(古道具)だけに囲まれた生活。
糸を紡ぎ、布を織り、昔風の服を縫う。
電気は最小限。蜜蝋で造ったローソクのほの暗さの中で、
コツコツ何かを作ることを楽しむ。
”200年前の生活を想像して。ここでは、時間の過ぎ方が違うの。”
幸せを作り、見つける名人です。

e0350905_14191666.jpg
e0350905_14200995.jpg

何といっても、何十年もかけて作り上げた広大な庭に咲く花々は圧巻。
彼女が”楽園”と言ったのも納得です。
あきらめない。努力を続けること。
”自分を信じて、時を待つの”


山梨県北杜市にミニミュージアムがあるそうです。
今年・来年と、「生誕100年 ターシャ・テューダー展」が全国で
開催されます。
残念なことに松山ではありません。




[PR]
by apn639stkm | 2015-09-04 14:46